ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境・ごみ > ごみ・リサイクル > 環境汚染モニタリング調査結果(土壌)を公表します(10月10日10時更新)

環境汚染モニタリング調査結果(土壌)を公表します(10月10日10時更新)


調査概要

 平成30年7月豪雨災害により発生した災害廃棄物の集積場について,広島県環境保全課により県内75か所の土壌調査が実施されました。

 1 土壌含有量基準(土地の使用にあたっての基準) 

 2 土壌溶出量基準(井戸水の飲用にあてっての基準)

調査結果

 呉市が設置した一次仮置場のうち,敷地が土壌の14か所において,基準超過はありませんでした。

【一時仮置場(土壌)一覧】

1広地区広多賀谷多目的広場
2安浦地区実成下水処理場
3安浦地区ドラッグストアコスモス西側空地
4安浦地区旧野路中切小学校グラウンド
5安浦地区安浦産業団地
6音戸地区旧奥内小学校
7音戸地区旧田原小学校
8音戸地区旧早瀬小学校
9音戸地区旧音戸公民館跡地
10中央地区二川駐車場
11吉浦地区梅木町内広場
12昭和地区焼山公園
13蒲刈地区蒲刈清掃センター
14豊浜地区豊島王地市有地

※一次仮置場のうちコンクリート舗装3か所を除く。

土壌分析結果一覧 [PDFファイル/142KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)