ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境 > 事業(一般廃棄物・産業廃棄物) > 電気用品のリユースについて(PSE法関連)

電気用品のリユースについて(PSE法関連)


3R(リデュース・リユース・リサイクル)

電気用品のリユースについて(PSE法関連)

 電気用品による事故を防止することを目的とし、経済産業省が所管している電気用品安全法(PSE法)が平成11年に制定され、平成13年4月より施行されておりますが、その際に設けられた経過措置が平成18年3月31日をもって一部の電気用品(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子楽器、音響機器等)について終了いたします。
 電気用品安全法は、人の安全を直接確保する観点から必要な法制度ですが、一方で循環型社会構築の観点から、電気用品についても「もったいない」精神に沿ってリデュースやリユースが推進されることが必要です。そのためには、消費者の方等に電気用品安全法がどのような場合に適用されどのような場合に適用されないのか等についてご理解いただいた上で、安全に安心して電気用品の使用やリユースをしていただくことが重要です。

電気用品安全法の詳細については下記アドレスよりご覧になれます。

電気用品安全法のお問い合わせ・ご相談・届出等窓口一覧表

経済産業省電気用品安全法のお問い合わせ・ご相談・届出等窓口<外部リンク>