ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高齢・介護 > 高齢者福祉・介護保険 > 利用者負担割合(1割~3割自己負担)
トップページ > ライフイベント > 高齢者・介護 > 利用者負担割合(1割~3割自己負担)
トップページ > 福祉 > 高齢 > 利用者負担割合(1割~3割自己負担)

利用者負担割合(1割~3割自己負担)


利用者負担(1割~3割自己負担)

 介護保険法の改正により,介護サービス利用負担について,平成30年8月から2割負担の方のうち,特に所得の高い65歳以上の方は,費用の3割をご負担いただくことになりました。

利用者負担の判定の流れ

利用者負担の判定の流れ 
     周知用リーフレット(一定以上所得者の利用者負担割合の見直し)(PDF)<外部リンク>

負担割合証の交付

 毎年7月末までに,要介護・要支援認定を受けている方には,介護保険負担割合証(ピンク色)をお送りします。
 記載内容をご確認の上,介護保険被保険者証(青色)と一緒に保管し,介護保険のサービス利用の際に,必ず2枚一緒にサービス提供事業者及びケアマネジャーに提示してください。

 なお,新規に要介護認定の申請をされた方は,新しい介護保険被保険者証(青色)に同封して一緒にこの負担割合証を郵送いたしますので,ご確認ください。
 

 ※ 負担割合証の交付後,所得更正や世帯構成の変更により負担割合が変更となった場合は,新たな負担割合証を交付します。

区分支給限度基準額

 居宅サービスでは,1か月に利用できるサービス費の上限額(区分支給限度基準額)が要介護度ごとに定められています。また,福祉用具購入住宅改修においても,上限額があります。
 この区分支給限度基準額等を超えてサービスを利用すると,区分支給限度基準額を超える部分は全額自己負担となります。

(C)呉市介護保険課  MPC「介護と福祉イラスト集」     

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)