ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育総務課 > 呉市教育委員会教育長あいさつ

呉市教育委員会教育長あいさつ


呉市教育委員会 教育長

呉市教育委員会 教育長 寺本 有伸

 新年 明けまして おめでとうございます。

 今年「亥年」は,十二支の中でも最後の年です。子年から始まった一つの流れが,亥年でいったん終わりを告げる年ですが,植物にたとえると,戌年でたわわに実った果実が種子となり,エネルギーを蓄えて次の世代へと向かう準備をするという意味の年だそうです。つまり,次の始まりに向けて新たなエネルギーを蓄える年といえます。

  昨夏,呉市内の学校は,7月豪雨により甚大な被害を受けました。復旧・復興作業に御協力いただいております全国の自治体,自衛隊,警察をはじめとする関係機関の皆様,地域の方々,ボランティアの皆様のおかげをもちまして,無事に新年を迎えることができました。心から感謝申し上げます。
 この豪雨災害を教訓とし,これまでの防災教育のさらなる充実を図り,「自分の命は自分で守る」子供を育てるとともに,「全ての児童生徒の安全を確保する体制の確立」を進めてまいります。

 さて,呉市では,これまで進めてきた小中一貫教育の取組を基盤とし,「主体的・対話的で深い学び」を通して,新しい時代に求められる資質・能力を育成する教育活動を展開しています。学習指導要領の改訂を踏まえ,今後の全面実施に向けた準備を確実に進めてまいります。
 また,これからの社会で子供たちが活躍する未来を描くとき,子供たちがわがまち呉に対する誇りをもち,地域の魅力をしっかりと次世代に引き継いでいこうとする取組を着実に推進することも大切であると考えます。郷土の宝である呉市の豊富な地域素材を生かした学習をすすめ,子供たちにふるさとの良さを実感させる体験活動を通して,豊かな感性や郷土を愛する心を育む学習活動を推進してまいります。

 今後も,「郷土を愛する心豊かでたくましい呉の子どもの育成」を目指し,教育活動を進めてまいります。引き続き,呉市の教育に御支援,御協力いただきますようよろしくお願いいたします。