ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化振興課 > 旧金子家住宅 茶室

旧金子家住宅 茶室


旧金子家住宅 施設案内図

江戸時代に御手洗の町年寄,庄屋役を勤めた金子家(屋号 三笠屋)が文人墨客や広島藩の要人など様々な賓客を接待するために建てた屋敷です。

屋敷は数寄屋風書院造で,中央部にある茶室は,三畳台目,躙口のほかに連子窓,下地窓を三方向に配した特徴的な造りをしています。

TYASITU

→元のページに戻る