ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大雨・台風に備えて

大雨・台風関連情報

大雨や台風に備え、日ごろから準備をしましょう。

知る(日ごろの備え)

チェックシート<外部リンク>を確認しながら、備えましょう。
※広島県「みんなで減災」はじめの一歩ページへリンク

防災情報メール配信サービスの登録

ご登録いただいたメールアドレスに防災情報を提供します。
登録方法などはこちら

家族・知り合いの連絡先の確認

家族の基本情報(連絡先・血液型・アレルギー)や、いざという時に頼れる人の電話番号などを確認しましょう。
携帯電話に写真を撮っておくと便利です。

備蓄品・持ち出し品の確認

定期的に、非常時持ち出しグッズを確認<外部リンク>(※広島県「みんなで減災」はじめの一歩ページへリンク)

避難経路の確認

自宅や職場・学校等の状況を知り、それぞれの場所から行ける避難所を確認しましょう。
また、災害の種別によって行くべき避難所が異なる場合があるので注意が必要です。

また、ハザードマップを見て、大雨による浸水または土砂災害によって通行止めになるおそれのある道路を避けた、複数の避難経路を確認しておきましょう。

地域での声掛け

いざという時助け合えるよう、日ごろからご近所とのおつきあいを大切に。

察知する(大雨が降ってきたら)

強い雨が降ったり、近くで雷が鳴っているときは、不急不要の外出はひかえましょう。

情報収集

テレビやラジオ、ホームページなどで、最新の気象情報・防災情報を入手してください。

  • 土砂災害危険度情報<外部リンク>(広島県土砂災害危険度情報へリンク)
  • 広島県観測情報<外部リンク>(広島県防災Webへリンク)
  • 防災行政無線(電話で放送内容をお伝えしていますので、聞き取りづらい場合はご利用ください)
  • テレビのデジタル放送(NHKではデジタル放送のデータ放送から、河川の水位情報などを入手できます)

土砂災害や洪水に関する防災情報の5段階区分

洪水や土砂災害に関する防災情報の5段階区分

必ずしも、この順番で出されるものとは限らないので注意してください。

行動する(避難情報が出たら)

命を守るために、早めの行動を心がけましょう。

避難行動の一例

  1. 避難所への移動
  2. (自宅から移動しての)安全な場所への移動(親せきや友人の家等)
  3. 近隣の高い建物、強度の強い建物等への移動
  4. 建物内の安全な場所での待機