ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市消防局 > お風呂での事故を防ぎましょう!

お風呂での事故を防ぎましょう!

お風呂での事故

11月から3月,冬の寒い時期に,お風呂場での死亡事故が増加します。
特に,寒い季節になると浴室や脱衣所において突然意識を失ったり
最悪の場合は,
心肺機能が停止する状態に陥ってしまう危険性が高くなります

これは気温差による急激な血圧の上昇等が原因の『ヒートショック』と言われ
特に高血圧や心不全の現病歴のある方はその危険性が一層高くなります。

 

                                                                         ohuro kowa                                         

 

安全なお風呂 7つのポイント

 1 こんな時はなるべく入らないようにしましょう
   ・体調が悪いときやお酒を飲んだ後は入浴は控えましょう。 

 2 脱衣場,浴室の温度差に注意しましょう
   ・急な温度変化は危険なので,あらかじめ脱衣場は暖めておきましょう。
   
 3 お湯の温度は41度以下にしましょう
   ・熱いお湯は血圧を上昇させます。
   
 
 4 お風呂に入る前と後は十分な水分を補給しましょう

 5 入浴前にかけ湯をしましょう
   ・足や腰などからお湯をかけてから体を慣らしましょう。

 6 お風呂に入るときは,家族に声をかけてから入りましょう
   ・家族の方は頻繁に声をかけ確認しましょう。

 7 上がるときはゆっくりと
   ・急に立ち上がると血圧が低下します。                                                                             
 

もし,浴槽内でぐったりしている人や溺れている人を発見したら・・・・・

 1 お風呂の栓を抜く
   ・顔を引き上げ,浴槽の栓を抜きましょう。

 2 救急車を呼び人手を集めましょう

 3 浴槽から引き上げる
   ・後ろから両脇をかかえて,浴槽の外に出しましょう。

   ・お風呂から体を持ち上げるのができない場合も,必ずお風呂の栓を抜きましょう。


                                                                                                                            ohuro