ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市消防局 > 熱中症を予防して元気な夏を!

熱中症を予防して元気な夏を!

熱中症に気をつけましょう!

 これからますます,暑さが厳しくなるので,屋外での作業やスポーツをするときは,熱中症にならないように気をつけましょう。
 また
家の中など屋内にいても,熱中症になることがあり注意が必要です。

 
 総務省消防庁 熱中症予防啓発用ビデオ(5分動画にリンク)<外部リンク>       

熱中症とは

 熱中症は体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ,周りの温度に体が対応することができず,体温の調節機能がうまく働かなくなることにより体温上昇,めまい,体のだるさ,ひどいときには,けいれんや意識の異常など,様々な障害を起こす症状のことです。

 誰でも熱中症になる可能性があり重症の熱中症は緊急を要し,生命に危険が及ぶことがあります

syoubyousya

熱中症の症状

  • めまいや失神
  • 足や腕の筋肉のけいれん(こむら返り)
  • 全身がだるくなる
  • 頭痛・吐き気                                 

    重症になると,意識障害(応答が鈍い,言動がおかしい)などを伴い,体温が上昇します。
    症状が重くなると,生命に危険が及ぶことがあります。                             hyou

熱中症予防のポイント

熱中症には誰もが注意する必要がありますが、その中でも熱中症を起こしやすい年代があります。

特に乳幼児や高齢者は、熱中症を起こしやすい傾向にあります。特に暑い日は気をつけましょう。

kodomokouresya                 qq

熱中症かな?と思ったら
  • 衣服をゆるめ,体を楽にする。
  • 涼しい場所へ移動し,安静に寝かせる。
  • 冷たい濡れタオルやアイスパック・氷嚢などを,首・脇の下・足の付け根に置いて,体を冷やす。
  • 体に水をかけ,服や肌を濡らして,体をうちわなどで扇ぐ。
  • 意識があり,飲めるようであれば,スポーツドリンクなど水分を少しずつ頻回に取らせる。 
     

qqw     

症状が回復しなければ,医療機関を受診してください!

 

 

                  kouhou

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)