ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市消防局 > 呉海上保安部との業務協定の締結について

呉海上保安部との業務協定の締結について

令和元年5月30日 呉海上保安部と呉市消防局は「消防活動等に関する業務協定」

を締結しました。

締結の経緯

これまで,呉海上保安部と呉市消防局は今回の業務協定を締結する前から,船舶火災

対策などについての業務協定を締結しており,両機関での連携強化を図っていましたが,

昨年の平成30年7月豪雨の経験を踏まえ,大規模災害時の連携強化を主な目的として,

新たに業務協定を締結することなりました。

期待される効果

 今回締結の業務協定により期待される効果は次のとおりです。

1 孤立地域対策の強化

  相互に隊員・資機材輸送を支援することにより,部隊投入及び物資運搬経路の確保

を図り,迅速できめ細かな消防活動が行えるようになります。

2 災害応急対策の迅速化

 早期に被害状況や事故概要等の情報を共有することにより,活動方針の早期樹立と

役割分担の明確化を図り,効率的な消防活動が行えるようになります。

3 人命救助技術の向上

  定期に合同訓練や研修等を実施することにより,業務連携と救助技術の強化を図り,

相互の専門性を生かした効果的な消防活動が行えるようになります。

調印式の様子

令和元年5月30日 呉市宝町 呉海上保安部にて調印式が行われました。

それぞれの協定書に署名する中西局長と久留部長

調印式1

協定書に調印し,握手する中西局長と久留部長

調印式2

 

以上のとおり,調印式を行いました。

本協定により,協力体制を強化し,今まで以上に市民の安全・安心に貢献していきます。