ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市消防局 > 住宅用火災警報器の設置状況・維持管理状況を調査しています

住宅用火災警報器の設置状況・維持管理状況を調査しています

呉市民の方に住宅用火災警報器の設置状況・維持管理状況の調査を行っています。

住宅用火災警報器は,万が一,火災が発生した場合,火災を早期に発見し,初期消火や避難を容易にするためのもので,

呉市火災予防条例で平成18年6月から義務化されています。

住宅用火災警報器は,住宅部分の寝室や階段部分に設置の義務があります。義務化から10年以上が経過し,機器や電池

の劣化が発生してくると予想されています。日常の定期的な作動確認などの点検を行っていただくようお願いします。

 

下記のアドレスにアクセスして,住宅用火災警報器のアンケートに回答していただくようお願いします。

(個人情報の入力はありませんので,個人を特定されることはありません。)

https://s-kantan.jp/city-kure-hiroshima-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=6665<外部リンク>

12<外部リンク>

 

住宅用火災警報器点検リーフレット  [PDFファイル/2.48MB] 

住宅用火災警報器設置リーフレット  [PDFファイル/4.02MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)