ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市消防局 > 風水害発生時における危険物保安上の留意事項について

風水害発生時における危険物保安上の留意事項について

風水害発生時における危険物保安上の留意事項について


 平成30年7月豪雨や台風21号等の大規模な風水害が相次いで発生しており,危険物施設においても,浸水,土砂流入及び強風等により被害が発生しています。


 この度,総務省消防庁において,風水害発生時における危険物保安上の留意事項を次のとおり取りまとめられました。


 各危険物事業所におかれましては,この留意事項を参照していただき,必要な措置を講じていただくようお願いします。

風水害発生時における危険物保安上の留意事項


 平成30年7月豪雨や台風21号の影響により,多数の給油取扱所において被害が発生しており,関連機器メーカーからの速報によると,浸水による電気設備の故障,タンクへの水混入,流水による防火塀の破損や舗装面の洗掘,危険物運搬車両の流出,敷地内への土砂の流入・堆積,強風による防火塀や設備・機器の倒壊,キャノピーからのパネル落下等が生じています。


 また,港湾のコンテナヤードにおいては,強風によるコンテナの荷崩れ,高潮によるコンテナの流出,積荷のマグネシウムから水素ガスが漏えいし,火災等が発生しています。


 さらに,アルミニウム工場(重油の貯蔵・取扱いを行う危険物施設)において,浸水により,アルミニウムの溶融高熱物が水と接触したことによるものとみられる爆発が発生し,周辺建物への延焼,破損等が生じています。


 これらの被害状況や,風水害に伴う停電の影響等を踏まえ,危険物保安上の主な留意事項を次のとおりまとめました。危険物施設の関係者において,各施設の形態や危険物の貯蔵・取扱い等の状況に応じ,必要な措置を講ずるための参考としてください。