ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市消防局 > 消防士の服装

消防士の服装

制服(せいふく)

日勤(にっきん)(ひと)や、事務所(じむじょ)(ひと)()ています。火事(かじ)()(ひと)たちも、建物(たてもの)査察(ささつ)(まち)()まわるときに()たりします。

制服の画像 男性10月から5月 制服の画像 女性10月から5月(この(ふく)は、10(がつ)から5(がつ)まで()ます。)


 制服の画像 男性6月から9月 制服の画像 女性性6月から9月 (この(ふく)は、6(がつ)から9(がつ)まで()ます。)

作業服(さぎょうふく)(一般隊員(いっぱんたいいん))

この(ふく)は、作業(さぎょう)をするときに()ます。(とく)に、隔日勤務者(かくじつきんむしゃ)は、通常(つうじょう)この服装(ふくそう)で、この(ふく)(うえ)から防火服(ぼうかふく)()ます。

作業服 一般隊員 

作業服(さぎょうふく)(救助隊員(きゅうじょたいいん))

この(ふく)は、特別救助隊員(とくべつきゅうじょたいいん)(レスキュー)が()ます。普通(ふつう)作業服(さぎょうふく)より、あて(ぬの)などがあり丈夫(じょうぶ)出来(でき)ています。

作業服 救助隊員

救急服(きゅうきゅうふく)(救急隊員(きゅうきゅうたいいん)

この(ふく)は、救急隊員(きゅうきゅうたいいん)が、()ます。(うご)きやすく清潔(せいけつ)なイメージの服装(ふくそう)になっています。

救急服 救急隊員

アポロキャップ

さぎょうをするときにかぶります。

アポロキャップ

エンブレム・紋章

呉市 ( くれし ) 消防局 ( しょうぼうきょく ) のエンブレム(紋章(もんしょう))です。作業服(さぎょうふく)救助服(きゅうじょふく)救急服(きゅうきゅうふく)左側(ひだりがわ)(かた)部分(ぶぶん)に取り付けます。

エンブレム・紋章

防火服(ぼうかふく)

建物火災 ( たてものかさい ) などの場合(ばあい)()ます。(むかし)刺し子(さしこ)といっていました。

防火服

耐熱服(たいねつふく)

油火災 ( あぶらかさい ) などは,普通(ふつう)火災(かさい)より火の温度(おんど)(たか)消火作業(しょうかさぎょう)をするのにも(あつ)くて近づけないため,この耐熱服(たいねつふく)()消火作業(しょうかさぎょう)をします。()()っているのは,化学車(かがくしゃ)からの(くすり)(あわ)()える筒先(つつさき)です。

耐熱服 

化学防護服(かがくぼうごふく)

この化学防護服(かがくぼうごふく)は,化学(かがく)物質(ぶっしつ)など,人体(じんたい)(わる)影響(えいきょう)(あた)えるものから()(まも)って作業(さぎょう)をするための(ふく)です。東京(とうきょう)地下鉄(ちかてつ)サリン事件(じけん)の時に東京消防庁(とうきょうしょうぼうちょう)隊員(たいいん)()ていました。

化学防護服

放射線防護衣(ほうしゃせんぼうごい)

この(ふく)は,放射線(ほうしゃせん)から()(まも)って作業(さぎょう)をするものです。原子力発電所(げんしりょくはつでんしょ)事故(じこ)などの時に()ています。呉では,レントゲンなどのX線(えっくすせん)火災(かさい)事故(じこ)の時に()ます。

放射線防護服 

潜水服(せんすいふく)

車 ( くるま ) が(うみ)転落(てんらく)したり,(ひと)(いけ)でおぼれたりする水難(すいなん)事故(じこ)など(みず)(もぐ)って,(ひと)救出(きゅうしゅつ)するときに()ます。

潜水服