ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 後期高齢者 > 呉市災害情報ページ > 平成30年7月5日から平成30年12月31日までの診療等に係る後期高齢者医療一部負担金(窓口負担)の還付

復興総室の組織ページへのリンクです。

寄付の受付について、義援金やふるさと納税などの情報をまとめています。

ボランティアに関する情報です。<外部リンク>


平成30年7月5日から平成30年12月31日までの診療等に係る後期高齢者医療一部負担金(窓口負担)の還付

後期高齢者医療一部負担金(窓口負担)の還付(平成30年7月5日から平成30年12月31日までの診療等)

  平成30年7月豪雨により被災された後期高齢者医療の被保険者の方が,平成30年7月5日から平成30年12月31日までの診療等について,一部負担金(窓口負担)を支払われた場合には,引き続き広島県後期高齢者医療広域連合から還付できる場合があります。
  詳しくは,高齢者医療グループにお問い合わせください.。(電話番号0823-25-3156)

 《免除要件》
 1 住家の全半壊,全半焼,床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方
 2 主たる生計維持者が死亡しまたは重篤な傷病を負われた方
 3 主たる生計維持者の行方が不明である方
 4 主たる生計維持者が業務を廃止し,または休止された方
 5 主たる生計維持者が失職し,現在収入がない方
 

 【呉市国民健康保険加入の方】 
   平成30年7月5日から令和元年6月30日までの診療等については,呉市から還付できる場合があります。
  詳しくは,「国民健康保険の一部負担金(窓口負担)の還付」のページを御覧いただくか,国保給付グループにお問い合わせください。(電話番号0823-25-3154)