ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

復興総室の組織ページへのリンクです。

寄付の受付について、義援金やふるさと納税などの情報をまとめています。

ボランティアに関する情報です。<外部リンク>


出水期に向けた取組

出水期に向けた取組

 梅雨や台風など、本格的な出水期に備え、平成30年7月の豪雨災害を教訓に、国や県などの関係機関との連携・協力のもと、災害の発生防止に向けた取組を実施しています。

 今後も、生活道路や通学路などのインフラの安全対策や、避難行動の喚起など、毎年度の各出水期までを一つの目標として、実施可能なものから取り組むことで、市民の皆さんの安全確保に努めていきます。

 また、こうした取組を実りあるものとするためには、市民の皆さんにも、時には主体となって活動していただくことも必要となってきますので、ご理解とご協力をお願いします。

  ページ 出水期に向けた取組について(令和元年) [PDFファイル/264KB]

 

出水期に向けた取組

補足説明(資料の見方など)

・上記の資料「出水期に向けた取組について」は、出水期に入る時期を6月上旬から中旬頃と想定し、今年の出水期前までに完了した取組と、現在実施中で、完了は出水期後となる取組について取りまとめたものです。

・完了予定時期の表記について、「○」は完了、「△」は一部完了を表しており、「出水期前」の欄に「○」が表記されている取組は、出水期前までに完了した取組を表しています。

・「出水期前」の欄が「△」で、「出水期後」の欄に「○」が表記されている取組については、出水期前までに一部が完了し、備考欄に記載している時期に全てが完了する見込みの取組を表しています。

・「出水期前」の欄が空白で、「出水期後」の欄に「○」が表記されている取組については、出水期には少し間に合いませんが、6月末に完了する見込みの取組を表しています。

 

市政だより特集 『西日本豪雨から1年 災害から命を守るために』

 市政だより くれ 7月号(令和元年6月10日発行)では、『西日本豪雨から1年 災害から命を守るために』と題し、防災についての特集記事を掲載しています。

 安浦・水尻地区や焼山・第三団地自主防災会連合会における取組や、市内各地で土砂災害の危険性が高い場所をお知らせする「ハザードマップ」、自宅周りの確認ポイント、そして、避難をする際の持ち出しの確認ポイントなどについてもご紹介していますので、ご確認いただき、これからの出水期に備えましょう。

  ページ 市政だより くれ 7月号 特集:『西日本豪雨から1年 災害から命を守るために』 [PDFファイル/2.26MB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)