ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消防・防災 > 危機管理 > 呉市災害情報ページ > 一般国道375号バイパス「東広島・呉自動車道」建設事業

復興総室の組織ページへのリンクです。

寄付の受付について、義援金やふるさと納税などの情報をまとめています。

ボランティアに関する情報です。<外部リンク>


一般国道375号バイパス「東広島・呉自動車道」建設事業

 「東広島・呉自動車道」は,山陽自動車道と連結し,全国的な高速交通ネットワークを形成するとともに,広島市・東広島市・呉市をつなぐ「トライアングル・ネットワーク」の一翼を担っており,呉市と山陽自動車道,広島空港,山陽新幹線東広島駅とのアクセス性を高める極めて重要な道路です。
 平成27年3月に馬木IC~黒瀬IC区間が開通し,全線開通となりましたが,4車線の計画が暫定2車線での供用であり,また,阿賀IC出口(先小倉交差点)で慢性的な渋滞が発生するなど,課題も残っている状態です。
阿賀ICにおいては,平成29年から立体化工事が進められており,呉市では,渋滞を緩和し,高速交通ネットワーク機能を最大限に発揮するため,阿賀IC立体化の早期完成を国に要望しているところです。
 さらに,平成30年7月豪雨の際には,土砂の流入により一時全線通行止めとなり,施設強靭化も課題となっておりますので,今後は4車線化の実現についても国に要望してまいります。
(事業概要)
事業主体:国土交通省
延  長:32.8km(呉市域は10.1km)
標準幅員:20.5m
車 線 数:4車線(暫定2車線供用中)
(主な経緯)
  S62. 6 高規格幹線道路として建設大臣の指定
  H 2.11 都市計画決定
  H 3. 4 事業着手
  H 5. 4 県事業から国(建設省)直轄事業へ移行
  H19.11 馬木IC~上三永IC開通
  H22. 3 上三永IC~高屋JCT・IC開通
  H24. 4 黒瀬IC~阿賀IC開通
  H27. 3 馬木IC~黒瀬IC開通(全線開通)
  H29. 3 阿賀IC立体化工事着手
  H29. 4 大多田IC供用開始

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)