ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 日本遺産 > 【3】旧東郷家住宅離れ(入船山記念館)

【3】旧東郷家住宅離れ(入船山記念館)

 呉鎮守府参謀長として呉に在任していた東郷平八郎が、明治23 (1890)年5月から1年8カ月の間住んでいた邸宅離れを入船山公園内に移築したものです。部屋の中や広縁を吹き抜ける風は、東郷平八郎が過ごした束の間の癒やしの時を感じさせてくれます。

※国登録有形文化財


入船山記念館ホームページ<外部リンク>

 
旧東郷家離れ(外観)旧東郷家離れ(屋内)
旧東郷家離れ旧東郷家離れ