ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 日本遺産 北前船

【3】住吉神社(広島県重要文化財)

住吉神社は,「千砂子波止」の築造を受けて,文政13(1830)年に建立されました。

 住吉神社の創建の経緯については,広島藩勘定奉行の筒井極人が広島藩御用達である大阪の豪商鴻池へ社寺寄進の話を持ちかけたところ,当主善右衛門が厄年にあたっていたためそれに応じてくれたという逸話が残されています。

 本殿は,堺の住吉大社を正確に2分の1に写し,大阪で造らせてここで組み立てたとされています。

 また,境内地には,北前船の船主や各地の問屋連中などから寄進された玉垣が見られます。