ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 平成31年3月定例会予算特別委員会総括質疑

平成31年3月定例会予算特別委員会総括質疑

 3月20日(水曜日)は,北川議員,藤原議員,林田議員,小田議員,岡崎議員,神田議員,檜垣議員,
森本議員,谷本議員,久保議員,山上議員,奥田議員が質問する予定です。
※質問項目や内容は変更となる場合があります。
※発言の順番は,3月20日(水曜日)の議会運営委員会で決定されます。

北川 一清 議員(仁友会)

1 障害者就労支援体制の充実について
 (1)雇用実態調査の内容と課題
 (2)就労の充実に向けた取り組み
 (3)理解を促すための小・中学校での取り組み
 (4)障害のある方が働くことの重要性
 (5)企業等の取り組みの必要性

藤原 広 議員(公明党呉市議会議員団)

1 安芸灘地域の振興について
 (1)観光の振興
 (2)農水産業の振興
 (3)スポーツイベントによる振興
 (4)移住・定住に向けた取り組み

2 豪雨災害からの復興について
 (1)復興計画の着実な推進
 (2)ライフラインの強靱化
 (3)砂防堰堤の整備
 (4)災害復興住宅の建設

関連 上村臣男
 (1)危機管理室の対応
 (2)自然災害の情報を後世に
 (3)応急仮設住宅(建設型)の契約更新
 (4)避難所へのWi-Fi環境の整備
 (5)避難所のトイレの洋式化及び空調の整備

林田 浩秋 議員(同志会)

1 差し迫った梅雨・台風への取り組みについて
 (1)防災情報の発信
 (2)各地区の情報収集体制
 (3)指示・連絡体制
 (4)避難者への対応
 (5)安否確認
 (6)非常食・避難食
 (7)被災した箇所への対応
 (8)民間や他団体等との連携
 (9)県との連携

小田 晃士朗 議員(誠志会)

1 2020東京オリンピック事前キャンプについて
 (1)事前キャンプの状況
 (2)今後の予定
 (3)外国人との交流の現状
 (4)機運醸成に向けての取り組み
 (5)オリンピアンの育成

2 情報伝達について
 (1)子育て支援アプリの導入経緯
 (2)アプリ活用の期間
 (3)今後の可能性

岡崎 源太朗 議員(誠志会)

1 道の駅の整備について
 (1)県内の状況
 (2)災害拠点機能
 (3)呉ポートピアパークでの整備

神田 隆彦 議員(同志会)

1 観光振興について
 (1)産地育成・地産地消推進事業
 (2)グルメキャンペーン
 (3)今後の展望

檜垣 美良 議員(公明党呉市議会議員団)

1 子育て支援センターについて
 (1)制度概要
 (2)利用者の利便性向上
 (3)各地域での展開

森本 茂樹 議員(誠志会)

1 非常備消防のあり方について
 (1)活動のない団員
 (2)市民に信頼される消防団員とは
 (3)今後の方針

2 農業振興について
 (1)農地有効利用支援事業
  ア 国,県農業委員会の役割
  イ 関係機関との協力と今後の方針
 (2)産地育成対策事業
  ア 現実味のある事業とは
  イ 産地力強化

谷本 誠一 議員(自然共生党)

1 交通政策について
 (1)広電への負担と補助
  ア 敬老・心身障害者優待負担金
  イ 経営支援補助金の算定根拠
  ウ 移譲路線への支出合計の考え方
  エ 呉広島空港線負担金の考え方
 (2)広島呉道路4車線化
  ア 災害時の対応能力
  イ 無料化延期の見通し
  ウ 提言書作成の意義

2 青山クラブの活用策について
 (1)耐震診断結果
 (2)ニーズ調査の必要性
 (3)新たな箱物整備の抑制

3 精神障害者施策について
 (1)精神障害福祉サービスの決定方法
 (2)発達障害早期診断後の対応
 (3)向精神薬に対する認識
 (4)自殺対策計画への反映

久保 東 議員(日本共産党呉市議会議員団)

1 消費税と幼保無償化について
 (1)中小の事業者への支援策
 (2)待機児童と企業主導型保育所
 (3)保育の質
 (4)市民への恩恵
 (5)市の財政への影響

山上 文恵 議員(社民党呉市議団)

1 健診の受診促進について
 (1)いつ,だれが,どこで,分析・課題抽出をするのか
 (2)その結果はどう反映されるのか

2 医療費適正化対策事業について
 (1)業務嘱託,看護師,保健師の役割
 (2)ジェネリック医薬品勧奨の実績

3 地域包括ケアシステムの推進について
 (1)地域ケア会議の推進
 (2)介護サービス計画

4 高齢者福祉について
 (1)マイナンバーの必要性
 (2)タクシー券の配布

奥田 和夫 議員(日本共産党呉市議会議員団)

1 防災・減災の方向について
 (1)被災の検証
  ア 野呂川,中畑川,ダム放流やクレアラインの盛り土崩壊
  イ 被災状況や県道・市道などの情報収集と対応
 (2)協定のあり方
  ア メディア
  イ 避難所の協定
 (3)備蓄品の量と今後の方針
 (4)堰堤設置と取りつけ道などの考え方
 (5)河川しゅんせつの考え方
 (6)専任技師等の配置が必要ではないか

2 次の大災害にどう備えるか