ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 阿賀マリノポリス地区港湾関連用地の分譲について(報告)、阿賀マリノポリス地区港湾関連用地及び工業用地の分譲方針について

阿賀マリノポリス地区港湾関連用地の分譲について(報告)、阿賀マリノポリス地区港湾関連用地及び工業用地の分譲方針について

 
案 件 名阿賀マリノポリス地区港湾関連用地の分譲について(報告)
阿賀マリノポリス地区港湾関連用地及び工業用地の分譲方針について
付議された委員会産業建設委員会
委員会開催日令和元年11月28日
案件の概要等

 阿賀マリノポリス地区港湾関連用地Cブロック分譲の契約締結及び、港湾関連用地Eブロック・工業用地Hブロックの分譲方針について報告が行われた。

 港湾関連用地Cブロックの分譲面積は5,010.53平方メートルで、分譲価格は2億2,246万7,532円、契約の相手方は山陽海運株式会社(呉市海岸3丁目)である。
 このたびの分譲により、阿賀マリノポリス地区の分譲状況は、Aブロック及びBブロックは分譲率100パーセント、Cブロックは29.8パーセント、Dブロックは61.2パーセントとなった。

 また、阿賀マリノポリス地区港湾関連用地Eブロック及び工業用地Hブロックについては、分譲方針を定めて公募を行い、分譲手続を進める。
 分譲面積は、Eブロックが約9,300平方メートルで、概ね1,000平方メートル以上での分譲とする。Hブロックは約25,800平方メートルで、概ね5,000平方メートル以上での分譲とする。いずれも区画割りはあらかじめ行わず、応募状況に応じて区画を設定する。
 分譲価格は、契約締結時における時価とし、平成31年4月1日現在の不動産鑑定評価によると、港湾関連用地の標準地単価は1平方メートル当たり56,500円、工業用地の標準地単価は1平方メートル当たり40,500円となる。
 公募対象事業者については、港湾関連用地は港湾施設を有効に活用し、本市の産業経済の発展に寄与すると認められる輸送、保管、荷さばき、流通加工等、物資の流通に係る業務を営む事業者とする。工業用地は、港湾施設を有効に活用し、本市の産業経済の発展に寄与すると認められる製造業を営む事業者とする。
 今後は、令和2年1月初旬から
1カ月程度の期間で公募を実施し、分譲事業者の選定を経て、操業条件等の協議が整い次第、随時分譲契約を締結する流れになる。

資 料

阿賀マリノポリス地区港湾関連用地の分譲について(報告) [PDFファイル/440KB]

阿賀マリノポリス地区港湾関連用地及び工業用地の分譲方針について [PDFファイル/341KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)