ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 呉市地域公共交通網形成計画(仮称)の策定について

呉市地域公共交通網形成計画(仮称)の策定について

 
案 件 名呉市地域公共交通網形成計画(仮称)の策定について
付議された委員会総合交通対策特別委員会
委員会開催日平成28年11月21日
案件の概要等

 平成26年11月に地域公共交通の活性化及び再生に関する法律が改正され,地方公共団体は,公共交通網のマスタープランとなる地域公共交通網形成計画を策定することができることとなった。
 呉市では,平成26年度に呉市地域公共交通ビジョンを策定したが,法改正の趣旨を踏まえ,より具体的な取り組み方針と実効性ある施策を計画的に推進していく必要があることから,地域公共交通ビジョンを補う形で地域公共交通網形成計画を策定することとした。
 なお,この計画を策定するに当たっては,呉市都市計画マスタープランと今後策定する予定の呉市立地適正化計画との整合を図る。
 内容については,JR呉線を基軸とするが,一部地域の交通体系に特化することなく,各地域の生活圏内を見渡した上で,呉市の公共交通網のあるべき姿について検討する。
 なお,この計画に位置づけた交通網の再編事業については,地域公共交通再編実施計画を策定することにより,国の補助を受けることが可能になる。
 計画策定の目標年度は平成30年としている。

 委員会では,地域の意見を集約するためにワークショップを開催するという市の説明に対し,利用者は高齢者が多いため,ワークショップという手法よりもアンケートを実施したほうがよいのではないかという意見や,病院や店舗の送迎バスなど,路線バスや生活バス以外の交通手段の実態を把握すべきである,あるいは,公共交通の利用促進を図るためには待合所やバス停の整備が必要であるといった意見が出された。
 そのほか,JR呉線複線化の状況や,この計画における生活バスの位置づけなどについて質疑が行われた。

資 料281121_呉市地域公共交通網形成計画(仮称)の策定について [PDFファイル/516KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)