ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 郷原町のエノキ|呉市の文化財

郷原町のエノキ|呉市の文化財

郷原町のエノキ 
ごうはらちょうのえのき

郷原町のエノキ


市天然記念物 平成7.3.10

 エノキは,関東以南の日本各地に見られる落葉広葉樹です。春に目立たない花を咲かせ,秋には枝上に多数の果実をつけます。果肉は少し甘みがあり食べられます。

 市内の山地部にも多く生育していますが,ここに見られるものが市内では最大のものです。地上1.3メートルでの幹囲は3.1メートル,根回り5.1メートル,高さ13メートル,枝張り南北13メートル,東西16メートル,枝下(最初の枝までの高さ)4.4メートルで,推定樹齢は約200年です。

 これだけの大きさと樹齢に加え,良好な樹勢と姿が整っている点が天然記念物としての価値を持っていると言えます。

所在地

郷原町

交通案内

「苗代」バス停下車,徒歩約40分または
「大積橋」バス停下車,徒歩約70分