ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 黒地の浜 地層(紅柱石)|呉市の文化財

黒地の浜 地層(紅柱石)|呉市の文化財

黒地の浜 地層(紅柱石) 
くろちのはま ちそう(こうちゅうせき)

黒地の浜 地層(紅柱石)


市天然記念物 平成9.4.25

 太古,火山活動が活発な時期,安芸津を含む黒地一帯は,火砕流が次々と流れ込む場所でした。

 火山活動の休止期には湖となり,活動再開後は上に重なる火山岩類によって地中深く沈み込み,地殻中で広島花こう岩類マグマと接触した際の接触熱変成により,地質学的に興味のある白色針状の紅柱石が生じています。

 黒地においては湖底に堆積した泥岩などがその後の地殻変動や浸食作用などにより地表に露出しています。

所在地

安浦町三津口6丁目     

交通案内

安浦交通バス「三津口灘」バス停下車,徒歩約9分