ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 広青年教育センターの蘇鉄|呉市の文化財

広青年教育センターの蘇鉄|呉市の文化財

広青年教育センターの蘇鉄 
ひろせいねんきょういくせんたーのそてつ

広青年教育センターの蘇鉄


市天然記念物 昭和47.3.31

 この蘇鉄は,以前には広長浜の専徳寺の境内にあったものです。専徳寺が創建された室町時代中期(約500年前)には,寺の庭にあったと伝えられている雌雄一対のソテツです。明治42年(1909年),広村公会堂(現在の広小学校南側)が建設されたとき,この雄株を記念樹として前庭に移植し,昭和44年(1969年)には,広青年教育センターが開所した際にも再移植され,駐車場整備のため位置が動かされました。

 ソテツは雄株と雌株とに分かれ,冬でも青々とした葉を楽しませてくれるほか,夏には淡い黄色の花を咲かせます。日本では九州,沖縄の暖かい地方に自生し,その他の地域で見られるものは植栽されたものです。

 市内最大のこのソテツは,根回り高さともに約3メートルで,根元近くで枝分かれし,東西南北に5メートルも枝を広げています。約500年ほどの歳月を重ねた大木を,3度移植したにもかかわらず,樹勢のおう盛な点や,移植の史実もはっきりしていることから,天然記念物としての価値が大変高いソテツです。

所在地

広市民センター

交通案内

「広市民センター」バス停下車,徒歩約1分