ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 田中八幡神社のフジノキ|呉市の文化財

田中八幡神社のフジノキ|呉市の文化財

田中八幡神社のフジノキ 
たなかはちまんじんじゃのふじのき

田中八幡神社のフジノキ


市天然記念物 昭和40.10.1

 田中八幡神社は,『芸藩通誌巻二』に八幡宮として,「大屋村本郷にあり,文亀2年壬戌,勧請という」と記されています。文亀2年は,足利時代で西暦1502年です。この本殿の裏にあるフジノキは,神社建立以前からあったと伝えられていることから推測すると,約500年以上経っています。

 このフジノキの特徴は,数本の幹が地面から出てすぐのところで,ほかの木にぐるぐると巻きつき,直径約2メートルもの大きな円柱状になっていることです。そして,その幹同士が密に絡み合っているため,1本の太い幹のようにも見えます。田中八幡神社のフジノキは,呉市では集合幹の大きさにおいて最大です。

所在地

天応宮町

交通案内

「大屋橋」バス停下車,徒歩約3分