ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 高尾神社のフジノキ|呉市の文化財

高尾神社のフジノキ|呉市の文化財

高尾神社のフジノキ 
たかおじんじゃのふじのき

高尾神社のフジノキ


市天然記念物 昭和43.10.1

 フジはマメ科に属し,幹がつるになって他の物に巻き上がっていく常緑樹です。あまり土質を選ばず,日陰でもよく育ちます。特に湿気のある肥えた土地では,枝と同様に根も長く伸びます。高尾神社の境内は,周囲より約6メートル高い丘の上にあり,北・東・南のそれぞれの斜面には,アラカシ・ウラジロガシ・ツクバネガシなどの高木を中心とした社叢が見られます。

 指定のフジは東斜面にあります。樹勢は良好で,7本の株がいろいろな方向に伸びて,社叢を構成する高木に巻き上がっています。この株全体の根がどこにあって,株と株とがどのようにつながっているのかは,はっきりと見ることができません。

 現在は,このうちの4株を鉄パイプ製の藤棚に引き寄せていますが,生育は良好です。

所在地

焼山中央2丁目

交通案内

「昭和支所」バス停下車,徒歩約3分