ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 新堂平神社のシイノキ|呉市の文化財

新堂平神社のシイノキ|呉市の文化財

新堂平神社のシイノキ 
しんどうひらじんじゃのしいのき

新堂平神社のシイノキ


市天然記念物 昭和40.10.1

 新堂平神社の社叢(しゃそう)の中でもっとも古い木に巨大なシイノキがあります。周囲6メートル,高さ21メートルで,地上6メートルから東西南北12メートル四方に枝を張っている巨木です。雷のため幹が3つに割れましたが,それぞれに木肌をつけています。

『芸藩通志巻三』に,このシイノキについて「郷原村にあり,永禄3年庚申,勧請」と記されています。永禄3年は1560年にあたり,シイノキはその当時のものと伝えられており,樹齢は約440年ということになります。

所在地

郷原町

交通案内

「東神田」バス停下車,徒歩約1分または
「浜田橋」バス停下車,徒歩約8分