ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 黒瀬街道の常夜燈|呉市の文化財

黒瀬街道の常夜燈|呉市の文化財

黒瀬街道の常夜燈 
くろせかいどうのじょうやとう

黒瀬街道の常夜燈


市史跡 昭和54.10.1

 かつて,広・郷原・黒瀬を結んでいた石畳の街道は,大変狭く,しかも急な坂が多くありました。明治に入り,黒瀬の豪家・平賀寛夫翁が,馬車なども通れる道を開こうと計画し,明治16年(1883年)に,山肌沿いの道路(今の旧道)がようやく開道しました。平賀翁はこの道に常夜燈を建て,往来する人々の安全を願いました。

 常夜燈は高さ2.8メートルで,御影石(みかげいし)が使われ,「明治十六年十二季往来安全」と刻まれています。また,北風を避けるためか,火をともす火袋の窓は南側にしかありません。旧道は,明治32年(1899年)に拡幅され,バスも通れるようになりました。しかし,昭和23年(1948年)に黒瀬隧道が開通したため交道量が減少。さらにその隧道も,平成6年(1994年)二級峡トンネルの開通に伴い,使われなくなりました。それぞれの時代の道が今も残るこの場所で,常夜燈は,歴史を訪ね歩く人々の安全を祈りながら,ひっそりとたたずんでいます。

所在地

広町・郷原町

交通案内

「大津江橋」バス停下車,徒歩約15分