ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 岩屋古墳|呉市の文化財

岩屋古墳|呉市の文化財

岩屋古墳 
いわやこふん

岩屋古墳


市史跡 平成元.3.20

 遠見山から北に下る丘陵上から谷に面して西に開口する6世紀前半(古墳時代後期)の円墳です。古墳時代後期には,小さな円墳が山間部にも築造されるようになりましたが,これはその典型例です。

 巨大な花崗岩を使用した横穴式石室は玄室の全長4.15m,羨道の2.55mです。石室の石壁は,天井に向かって極めて狭くなる持ち送り積みをしています。

 広島県の瀬戸内島しょ部で横穴式石室が残っているのは,瀬戸田町とここ倉橋町の2ヵ所であり,島しょ部での歴史文化を知る上で貴重とされています。

所在地

倉橋町鹿老渡     

交通案内

「鹿老渡」バス停下車,徒歩約25分

干潮時でないと行けません