ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 広邑新懇碑|呉市の文化財

広邑新懇碑|呉市の文化財

広邑新懇碑 
ひろむらしんこんひ

広邑新懇碑

市史跡 昭和41.10.1

 広市民センター前にあるこの碑は,広村の大庄屋 多賀谷武兵衛が独力で文化8年(1811年)に,弥生新開の開拓事業を竣工し,39町(約4,720平方メートル)あまりの新田を造成した功績を,文化15年(1818年)に頼山陽が選書したものです。

 多賀谷武兵衛は,蒲刈島から広村に元禄年間(1688-1703)に移り住んだ多賀谷氏の4代目にあたり,父仙兵衛のあとを継いで,寛政7年(1795年)に広村庄屋を命ぜられ,ついで文化5年(1822年)に大庄屋を命ぜられ,文政7年(1824年)まで30年間村政にたずさわった人です。

 また,頼山陽の筆になる金石文は数少なく,これは珍しいものです。碑文を選書したのは,文政2年(1819年)5月のことですが,碑刻に文化15年(文政元年)3月としているのは,藩府を憚ることがあり,表面をとり繕ったものだろうといわれています。

所在地

広市民センター(広古新開2丁目)

交通案内

「広市民センター」バス停下車,徒歩約1分