ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 入船山及び旧長官官舎|呉市の文化財

入船山及び旧長官官舎|呉市の文化財

入船山及び旧長官官舎 
いりふねやまおよびきゅうちょうかんかんしゃ

入船山及び旧長官官舎


市史跡 昭和41.10.1

 入船山はその昔,八幡宮(現在の亀山神社)があった緩やかな丘陵地です。明治19年(1886年),旧海軍呉鎮守府が呉に開設されることとなり,入船山にあった神社は現在の清水1丁目へ移転し,その跡に軍政会議所兼水交社が建てられ,後に鎮守府司令長官官舎として利用されました。戦後は,進駐米軍や英豪連合国軍の司令長官官舎として利用され,呉市に引き継がれて一般公開されるまでの約80余年もの間,世間から隔絶されていました。そのため,昔ながらの自然林の姿がよく残されており,高くまっすぐに伸びた松やうっそうと茂った樹木に覆われて,市内にあるとは思えない景観を残しています。

 また,入船山(国重要文化財)記念館内には,明治38年(1905年)当時の姿に復原された旧司令長官官舎をはじめ,歴史民俗資料館,1号館(旧火薬庫),旧海軍工廠塔時計(市有形文化財),休憩所(旧東郷家住宅:国登録有形文化財)など,呉の歴史をかいま見ることのできる建物が保存されています。

所在地

入船山記念館

交通案内

「入船山公園」「国立病院」バス停下車,徒歩約1分または
「眼鏡橋」バス停下車,徒歩約3分