ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

岩山|呉市の文化財

岩山 
いわやま

岩山


市名勝 昭和55.10.1

 その名のとおり岩の多い山で,標高420メートル。山頂の大きな岩に,郷原町を考える会が書いた「火の用心」の文字でも有名で,その雄大な姿は,郷原町のシンボル的存在です。

 時を遡ること戦国時代,東西条(現在の東広島市西条町周辺地域)を支配していた戦国大名・大内氏の南部防衛の拠点となる城がこの山にありました。当時,勢力を伸ばしてきた毛利元就が1554年,兵を送りましたが幾度攻めても落城しないため,さらに援軍を送り総勢2千人による猛攻撃を加えました。激戦の末,城主・岩見源之丞(いわみげんのじょう)は「しめの松」で,その弟も苗代で討たれ,ついに岩山城は落城しました。

以前,本丸のあった山頂からは,黒くなった米や麦・ソバが出たといいます。第2次大戦のとき,砲台を山頂に設置したため,今は石垣や井戸を残すのみとなっています。

所在地

郷原町

交通案内

「東神田」「岡条」バス停下車,徒歩約40~60分