ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 旧呉鎮守府司令長官官舎|呉市の文化財

旧呉鎮守府司令長官官舎|呉市の文化財

旧呉鎮守府司令長官官舎 
きゅうくれちんじゅふしれいちょうかんかんしゃ

旧呉鎮守府司令長官官舎


国重要文化財  平成10.12.25

 呉鎮守府開設に伴って,軍政会議所兼水交社が明治22年(1889年)に建てられました。この建物は,明治23年(1890年)の呉鎮守府開庁式へ明治天皇が行幸されるときの行在所として使われることとなり,初めてこの建物を使用したのは,明治天皇でした。明治開化当時とはいえ,呉地方では見ることができなかった,目の覚めるようなクリーム色の立派な洋風2階建ての建物は人々を驚かせました。

 明治38年(1905年)の大地震によって建物は倒壊し,その後洋館部と和館部を持つ平屋建てに再建されました。その後もいろいろと手が加えられてきましたが,平成5年から7年にかけて大規模な調査修復が実施され,明治38年当時の姿に復原されています。特に,洋館部の壁や天井に用いられ,全国的にも珍しい華やかな金唐紙も見事に復原され,当時の趣を伺い知ることができます。

所在地

入船山記念館

交通案内

「入船山公園」「国立病院」バス停下車,徒歩約1分または
「眼鏡橋」バス停下車,徒歩約3分