ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 伝清盛塚|呉市の文化財

伝清盛塚|呉市の文化財

伝清盛塚
でんきよもりづか

伝清盛塚


県史跡  昭和26.4.6

 音戸の瀬戸を切り開いたといわれる平清盛公が,人柱の代わりに一字一石の経石を海底に沈め,難工事を完成しました。元暦元年(1184年)その功徳をたたえ,その供養のために清盛塚が建立されました。

 昭和26年(1951年)に,県の文化財に指定され,周囲49mの石垣に囲まれた清盛塚中央に,清盛公供養のために建てられた宝篋印塔があります。

所在地

音戸町字鰯浜     

交通案内

「清盛塚」バス停下車,徒歩約2分