ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化財施設 > 文化財 > 呉市の文化財 > 三ノ瀬朝鮮信使宿館跡|呉市の文化財

三ノ瀬朝鮮信使宿館跡|呉市の文化財

三ノ瀬朝鮮信使宿館跡
さんのせちょうせんしんししゅくかんあと

三ノ瀬朝鮮信使宿館跡


県史跡  昭和15.2.23

 慶長12年(1607年)から文化8年(1811年)に至る朝鮮通信使の来朝は,総人員400~500名にのぼり,幕府をはじめ沿路の大名は,接待警固に全力を尽くしました。通信使は瀬戸内海を船で往復し,蒲刈島の三ノ瀬には,たいてい船を寄せて一泊しました。その接待は浅野藩で,供応の豪勢なことは驚くばかりでありました。

 通信使の宿館は上の御茶屋でありましたが,下の御茶屋と本陣もあわせて使われました。信使来朝の停止後は,まもなく御茶屋は壊されたとみえ,文化年間(1804~1818)には,屋敷跡の石垣を残すばかりとなりました。現在は,上の御茶屋に達する折れまがりの路地と石段が残るのみです。

所在地

下蒲刈町三之瀬     

交通案内

「 三之瀬」バス停下車,徒歩約9分