ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

資格取得講座の二次被害


質問

相談事例1

 7年前に契約した宅建講座を続けるか、打ち切るかという電話があった。

 講習のために準備した教材が80万円になっているので、続けるなら教材を送る。

 打ち切るなら40万円で手続きするという。

 いずれにしても代金がいるという話なので何かおかしい。

相談事例2

 10年前に行政書士の講座を契約したが、1年前から妙な電話が頻繁にかかるようになった。

 データベースに名前が残っているので、40万円の削除費用を払えば、勧誘はなくなるというが信用できるか。

回答

 最近の不安定な社会状況を反映してか、電話勧誘による資格商法に関する被害が急増しています。

 巧みで強引な勧誘により1回契約してしまうと、その後複数の業者から電話がかかるようになり、仕事に支障が出たり、複数・多額の契約をして困っているケースが多いようです。

 資格を取得するまで契約が終わらないというのは偽りで新たな契約をせまるものです。

 また、電話勧誘に利用されているリストは多数あると考えられ、1カ所のデータを抹消しても電話勧誘はなくなりませんので、根気よく断り続けることが大切です。

問合先

消費生活センター
開設時間 8時30分~16時30分(12時00分~13時00分は休み)
呉市中央4丁目1番6号 市民窓口課市民相談室内
Tel:0823-25-3218
Fax:0823-26-6267