ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

債務に関するトラブル


質問

相談事例1

 低金利のチラシを見て電話で申し込んだら「審査の結果、自社貸付はできないが、うちから推薦すれば他金融で借りられる」と言われ、指定された業者2社から各50万円ずつ借りた。 その後、最初の業者から「推薦した礼金50万円を支払え」と請求された。(40歳代男性)

相談事例2

 サラ金3社から150万円の借入れがある。一括融資を申し入れたら「パソコン2台、デジカメ1台を購入して送れば、それを換金して口座に振り込む」と店と機種を指定された。 結局クレジットを組んで購入した商品を送ったが、95,000円しか振り込まれなかった。(年令不明男性)

回答

 サラ金などから借金をして返せない多重債務者の相談の中で目立つのが、 いわゆる「ヤミ金融」と呼ばれる業者の悪質な手口です。こうした業者のほとんどは法律で禁止されている無登録業者で 「特別低利融資」などと持ちかけて、実際には出資法で定められた上限利息(年率29.2%)を はるかに超える暴利を取る業者のほか、事例1の「紹介屋」や事例2の「買取屋」、 「債務を整理します」と言って多額の手数料を取る「整理屋」などの被害が出ています。

 甘い話にのった安易な借り入れから、本人のみならず家族の生活を破滅させることになります。借金の返済に行き詰まったら、 借金返済のための借金を重ねることはせず、早めに公的機関に相談しましょう。

問合先

消費生活センター
開設時間 8時30分~16時30分(12時00分~13時00分は休み)
呉市中央4丁目1番6号 市民窓口課市民相談室内
Tel:0823-25-3218
Fax:0823-26-6267