ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > FAQ(よくある質問) > くらしの情報 > 高齢・介護 > 高齢者福祉・介護保険 > なぜ,介護保険には,40歳以上の方が加入しなければならないのですか。

なぜ,介護保険には,40歳以上の方が加入しなければならないのですか。


回答

 介護保険制度は,国民の共同連帯の理念に基づき,設けられたものです。そこで,65歳以上の方と40歳以上65歳未満の医療保険加入者が加入することとなっています。
 40歳以上を被保険者とするのは,概ね40歳ぐらいから老化にともなう初老期認知症や脳血管障害などにより,介護が必要な状態となる可能性が高くなることや,自らの親も介護を要する状態になる可能性が高くなり,各世代がお互いに介護費用を負担するという制度の目的にかなっていることからです。