ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > FAQ(よくある質問) > くらしの情報 > 高齢・介護 > 高齢者福祉・介護保険 > 給付制限について詳しく教えてください。

給付制限について詳しく教えてください。


回答

 介護等サービスを利用するときに,法令により保険料を納めない期間に応じて,次のような措置がとられます。

保険料を納期限から1年以上納付していない場合

 災害により被害を受けた場合などの特別な事情がなく,保険料を納期限から1年以上納付していないと,介護等サービスを利用するときに,通常は費用の1割から3割(※)を自己負担するところを,いったん全額支払うことになります。これを「保険給付の支払い方法の変更(償還払い化)」といいます。
 いったん支払った費用は,介護保険課に申請すると,9割から7割が後日払い戻されます。

保険料を納期限から1年6か月以上納付していない場合

 保険料を納期限から1年6か月以上納付していないと,償還払い化された保険給付の支払いが一時差し止められます。
さらに,差し止められている保険給付額から滞納保険料分が控除されることもあります。

納付期限から2年以上納付していない場合

 保険料を2年以上滞納していると,その未納期間に応じて,介護等サービスの利用者負担割合(※)が1割または2割の人は3割に,3割の人は4割に引き上げられます。また,この期間は介護(予防)サービス費・高額医療合算介護(予防)サービス費及び特定入所者介護(予防)サービス費(負担限度額)等は払い戻されません。これを「保険給付額の減額」といいます。
 

※本人の前年の合計所得金額等に応じて,介護等サービスの利用者負担割合は1割,2割または3割に区分されます。