ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > FAQ(よくある質問) > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 世帯主は国民健康保険に加入していませんが,世帯主宛に国民健康保険証や納入通知書が届くのはどうしてですか。

世帯主は国民健康保険に加入していませんが,世帯主宛に国民健康保険証や納入通知書が届くのはどうしてですか。


回答

 国民健康保険では,職場の健康保険のように「本人」「被扶養者」などの考え方はなく,一人ひとりが「被保険者」となり,適用は世帯単位となります。
 各種の届出義務や保険料の納付義務,保険給付を受ける権利は,家族を代表する「世帯主」が有することになり,世帯主が職場の健康保険に加入している場合でも,同じ世帯の家族が国民健康保険の加入者である場合には,世帯主にそれらの権利・義務を負っていただくことになります。
 そのため,世帯主が国民健康保険に加入していない場合でも,国民健康保険証や納入通知書は世帯主の名前で交付されます。

 なお,保険料は,加入されている方の人数・所得に応じて計算されます。