ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > FAQ(よくある質問) > くらしの情報 > 福祉 > 障害 > 判断能力に不安があるために,福祉サービスの利用の仕方が分からなかったり,預貯金の出入れに困っている方が利用できるサービスがありますか。

判断能力に不安があるために,福祉サービスの利用の仕方が分からなかったり,預貯金の出入れに困っている方が利用できるサービスがありますか。


回答

 広島県社会福祉協議会が実施している「日常生活自立支援事業(愛称「かけはし」)」があります。相談の受付は,県内各市町の社会福祉協議会(呉市社会福祉協議会)窓口で行っています。

1.事業の趣旨

 判断能力が不十分な方の福祉サービス利用援助や日常的金銭管理サービス等を行い,安心して日常生活を送れるよう支援します。

2.対象者

 次に掲げる方で,日常生活を営む上で必要となる福祉サービスの利用等について自己の判断で適切に行うことが困難な方

  1. 認知症高齢者,知的障害のある方,精神障害のある方
  2. 1.以外の方で,判断能力が不十分なため生活に不安がある方

3.事業内容

 福祉サービスの利用に関する相談に応じ,助言を行い,福祉サービスの提供を受けるために必要な手続き並びに福祉サービスの利用に要する費用の支払いに関する日常的金銭管理を行う。

  1. 福祉サービスの利用援助
    ア 福祉サービスの利用に関する情報提供・相談・申し込み・契約の代行,代理
    イ 入所・入院している施設及び病院のサービスや利用に関する相談
    ウ 福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続
    エ 成年後見制度に関する相談や利用支援
  2. 日常的金銭管理サービス
    ア 年金及び福祉手当の受領に必要な手続き
    イ 医療費を支払う手続き
    ウ 税金や社会保険料,公共料金を支払う手続き
    エ 福祉サービスの利用料の支払い手続
    オ 日用品等の代金を支払う手続き
    カ 上記ア~オの支払にともなう預貯金の払戻,預貯金の解約,預金の預入の手続き
  3. 通帳等預かりサービス

問合先

呉市社会福祉協議会
〒737-8517
広島県呉市中央5-12-21(呉市福祉会館内)
Tel:0823-25-0266
Fax:0823-25-7453
http://www.kureshakyo.jp/<外部リンク>